[不幸なメス、マリー]

 ……ダーリンったら、あたしというものがありながら。

「ダーリンのバカ」

 ボソッと独り呟く。部屋から飛び出したら、雨が降っていた。ドラマチックなこと! 夜の路上で濡れてふるえても、あたしを気にしてくれる通行人はいない。

 お出かけから帰ってきたら、ダーリンの上に乗っかって運動していた女。−−ねえ、ダーリン。あたしはもういらないの?

 悲しい。うつむいて、泣いた。しばらくすると、体を打つ水滴の感触がなくなって顔を上げる。

 傘。差し出しているのは、ステキな男性。

「どうしたの? 風邪、ひいちゃうよ」

 ああ、新しいダーリン! あたしは喜んでお持ち帰りされた。

 そうよ、昔の男なんて忘れよう! アパートの部屋に入ると、あたしはダーリンに喜んでもらうために一生懸命がんばった。ダーリンの手に身を任せて可愛く鳴いて、ダーリンの出したミルク、上目遣いで飲んだわ。お風呂も一緒に入った。ダーリンはあたしの体を洗いながら「俺もね、彼女に捨てられちゃったばっかりなんだよ。君と似たようなもん」て、告白してくれた。

 それからベッドの上で寄り添って、おおいに慰めあう。ああ、大好きよダーリン。……あたしはこうして、無理矢理にでも傷心を癒した。


 ダーリンはあたしのことを「マリー」と呼ぶ。同棲がはじまって一ヶ月。ダーリンはあたしのぽっちゃりしたお尻が大好きらしく「マリーの尻、可愛い」て言って、撫でたり顔を埋めたりするの。自分でも少し太っているのはわかっているから、からかわれているみたいでホントはイヤなんだけど仕方ないわね。ダーリンは変態だ。あたしのトイレまで覗くのはやめてほしい。

 今でも昔の男を思い出すと、胸がチクリと痛むけれどあたしはとても幸せ。……ただ、気になることが一つ。

 最近、ダーリンの帰りが遅い。一晩あけることさえある。

「まさか……ね」

 その、まさかだった。

 鍵を回す音と、ドアが開く音。あたしは午睡から起きて、ダーリンを迎えようとした。けれど女の声が聞こえた瞬間、あたしは反射的に押し入れへ隠れた。

「部屋キレイねー」
「そ、そう?」

 ダーリン。その女、誰?

「マリー、マリー?」
「いないみたいね」
「そうだな、出かけてんのかな……」

 彼女がいる部屋で浮気するバカが、いったいどこの世界にいるの? ダーリン。

 そのままダーリンは、あたしを何度も抱いた手でその女を抱いた。

 ああああああ、一緒だ、昔の男とまったく一緒だ。新しく女ができたから、あたしはあたしはあたしはお払い箱。


 さようなら、ダーリン。部屋が静かになった。押し入れから下りようと、そっと顔を出す。

 女とダーリンは寝息を立てている。突然、女がむくりと起きた。そして女はダーリンの衣服を漁りはじめる。女が財布を取り出す。−−中身を何枚か、自分の財布にしまっちゃった。ぷ、あはははは。ダーリンたら、バカな男。かわいそうな男。

 女が身支度を整えて部屋から出る。あたしは押し入れから飛び下りると、ダーリンがあたしのために、いつも鍵を開けておいてくれる窓から外に出た。

 アパートをぐるっと回って、階段を上る。女が高いヒールで下りている。あたしを見つけると、驚いたのか女は足をとめた。−−ねえ、知ってる? 猫の嫉妬深さ。

 一気に駆け上がると、あたしは女の顔面狙って飛びついた。悲鳴を上げて、バランスを崩した女は階段から転げ落ちていく。その間、あたしは空中で体勢を整えて、華麗に着地してみせたっていうのに。人間って不便なのね。

 倒れている女の様子を確認もせずに、あたしはさっさと窓へ戻り、部屋に帰った。これでダーリンの仇は討ってやったわ。ついでに、あたしの仇も……。

 ダーリンのそばに寄ると、ダーリンは寝ぼけながらあたしを抱く。あたしのお尻を頬で擦ってから、枕にするダーリン。

 尻尾でダーリンの額を優しく叩く。ダーリンの隣を占拠していいのは、あたしだけよ。


「ニャー」
「今日からマリーだ」
「ニャー」
「可愛いね。ミルク、あげようね」
「ニャー」
「マリーってデブ猫だよな。ちょうど……あ、気持ちいい。尻が枕にぴったり。ふわふわ」
「ニャー!」
「おいおい。猫砂、片づけられないだろ? なんだ、猫でもトイレは恥ずかしいのか? ……まあ、マリーはメスか。うん」



 END.



←前|次→

[一覧に戻る]

- XRIA -