長期間ログインされておりません
[PR] 広告主様募集

[DQN解剖室]

 床一面のタイル。消毒液のにおい。うすら寒い空気。

 金属の台の上には、孤独死した老年の男性。

 人生経験の豊富さを示す皺が刻まれた青白い顔は、安らかな表情を浮かべている。

 暫くすると扉が開き、白衣の人物たちが入ってきた。

「ああ、超ダルいんですけど」
「今日は爺だしな」
「若い女のときは超楽しいのに」

 一人がポケットから携帯電話を取り出し、データフォルダを開く。それを覗いた他の二人はいやらしく笑った。液晶画面には女性器の画像。

 三人とも金に近くなるまで脱色した髪に、同じような顔つきをしている。それぞれが解剖刀を手に取ると一人が無造作に、哀れな老人の鎖骨の下に突き刺した。

 そのまま下腹部まで切り開き、三人は鋸で肋骨を取り除く作業をはじめる。

「そーいや、付き合っていた女はどーしたよ?」
「付き合ってねーよ、あんなブサイク。穴さえありゃそれでいい」
「アハハ」

 途中、「手ぇいてぇー」と休みつつも、何とか肋骨は外された。胸腔と腹腔に、手術用の薄い手袋をはめた手が差し込まれる。

 内臓を摘出している最中、一人が肝臓を手にして言った。

「あ。仕事終わったら飲みに行こうぜ。焼鳥屋で」
「レバーッ!」

 ゲラゲラゲラ、と、血肉が付着した手を叩いて響く爆笑。

「俺、レバー嫌い。これ食いたい」

 おふざけに乗った一人が持っているものは心臓だった。より笑いは深まる。

 収まったところで、仕事は再開された。内臓をすべて取り出しおえると、今度は頭部の皮を剥ぎ、頭蓋骨を削り取る。脳髄はさすがに慎重に摘出された。

 長時間に及ぶ作業に、三人の顔は疲労の色に染まりはじめる。一人が休憩を求め、二人は頷く。解剖刀を置いて、手袋を外し、ポケットから出したのは煙草の箱。

 全員、その場で紫煙を燻らせた。ここに灰皿はない。吸い殻が転がっているのを見つかったらまずい。だから煙草が短くなると、三人は老人の頭の中に火種を押しつけて消した。「どうせ燃やすんだし」と、三人がいつもやっていることだった。

 一服したあと、再び手袋をはめて老人の空洞に詰め物をし、皮膚を乱雑に縫い合わせて曲がりなりにも元通りにする。仕事をおえた三人は手袋を捨てて、焼き鳥に思いを馳せつつ去っていった。

 解剖室に残された老人は、ただ安らかに眠っている。



 END.



←前次→

[一覧に戻る]

- XRIA -